東京、栃木、茨城、千葉、埼玉、群馬は雨が降らないと、水不足になりやすい土地柄です。まずは飲水の確保をするようにしておきましょう。飲水確保に必要なモノと情報を紹介していきます!

熱波の予想?気象庁から異常天候早期警報が発表に!今夏(2017)は平年より気温が高くなる

      2017/08/05

気象庁が今年の夏は例年よりも2.5度暑くなる可能性があると発表しています。
それが異常天候早期警報情報です。

 気象庁の異常天候早期警報情報リンク

図も出ているので、こちらにも掲載させていただきます。

気象庁異常気象警報

真っ赤になっているので、何が始まるの?と驚いてしまいますが、
気温が例年よりも2.5度ほど高くなる可能性がある。

だから、熱中症にならないように注意してね。

という警報です。

ここから分かることは、暑くなるのはほぼ間違いないということ。
気温が高くなり、晴れの日が続くと水の消費量は確実に増えます。

プールや噴水、水を使ったアトラクションやサービスが大盛況になるでしょう。
そして水の消費量はさらに上がることになります。

ダムに水は溜まっています。
ですが、大量の水を消費した場合、水が不足してしまう可能性もあります。

水不足になると給水車が来るまで、水を使うことができません。
家の水道が使えないのです。

気象庁異常気象警報

いやいや、そんなことにはならないでしょう?と思うかもしれませんが、
日本人は将来起こるかもしれないリスクを考えない傾向があります。

安全な国で生きてきた弊害かもしれません。
今年水不足にならないとしたら、それで良いのです。

ですが水不足になったらどうするのですか?
慌ててスーパーで売っているペットボトルの水を買い占めるのでしょうか?
「もしものための行動をしておきましょう」ということです。

水が十分にある今だからこそ、自分と家族の水を確保しなくてはいけないのです。

今ならまだ間に合います。関東以外で採水できるウォーターサーバーなら飲水を確保できます!

>> 家族の飲水はウォーターサーバーで確保しましょう

 

アドセンス記事下(タグより下)

スポンサードリンク


 - 気象庁天候早期警報情報