東京、栃木、茨城、千葉、埼玉、群馬は雨が降らないと、水不足になりやすい土地柄です。まずは飲水の確保をするようにしておきましょう。飲水確保に必要なモノと情報を紹介していきます!

大丈夫では済まされない。水の確保は絶対にしろ!

      2017/08/05

水不足対策にウォーターサーバー

水不足になると、私たちは本当に困ります。

1都5県(東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)では毎年水が不足しがちです。なんとか乗り切れていますが、最近は異常気象で雨が降ってもダムに溜まらなくなっています。

去年も水不足で取水制限がかかりました。状況が悪化すると取水制限が30%まで高まり、最悪の場合、給水制限がかかってしまいます。

 取水制限と給水制限の違いについて

ほとんどの日本人は、ここで慌てるのです。焦ってアマゾンやスーパーに行って水を購入しようとします。

そうなってからでは遅いのですよ。

きっと大丈夫!では済まされない。水の確保は絶対にしておくべき!

なぜここまで水の確保をしておきましょうとお伝えするのか?

日本人は心の何処かで、水はすぐに手に入ると思っているからです。

いいですか?何か不具合が発生した場合は、すぐに水は手にはいりません。毎日のようにシャワーで汗を流し、食器を洗うにも水を流しっぱなし。水洗トイレもガンガン水を使う。今まで水が豊富だったからこそ無頓着でいられましたが、これからはそうならない可能性があります。

世界のほとんどの国は綺麗な水の重要性を意識しています。石油とガス、次世代の天然資源に加えて水も貴重な資源になりつつあるのです。

現にオーストラリアでは水はとても貴重なものとなっており、出しっぱなしでシャワーに入れる人は限られています。水道代が高すぎるからです。

日本だっていつ取水制限30%になるかわかりませんよ。首都圏は一番人口が多いのです。
そこで水不足だとTVや新聞で騒ぎ始めたら、店に長蛇の列ができることでしょう。

「数リッターの水を買うために、5時間並んだ」考えられる話ですよね。

そうならないために、水を今のうちから確保する必要があるのです。

水の確保に最適な3つのオススメ方法

早速ですが、水の確保についてお伝えします。

方法は3つあります。

  1. スーパーで買う
  2. アマゾンで買う
  3. ウォーターサーバーに申し込む

なんてことない誰でも出来る方法ですよね。

ここでバカにせずに行動される方は、水不足になっても他の人よりも水を使える側の人間になるでしょう。

なぜならこんなカンタンな方法でも行動に移さないからです。

スーパーに行けば、自分の買いやすいときに買えますよね。すぐに買いに行ってください。

仕事が忙しい方や女性、年配の方は水が重いのでアマゾンなどネット通販で注文して、宅配業者さんに感謝しながら水を購入しましょう。

>> アマゾンの水特集ページはコチラ

ウォーターサーバーに申し込む

これも非常に良い方法です。

と言うのも、当サイトで紹介するウォーターサーバーは、関東圏を水源地としていません。

フレシャス水不足に最適

つまり関東地方が水不足になっても水が豊富な地方から送られてくるので、供給が途絶えることはありません。

ただし、水不足になると同じようにウォーターサーバーに申し込む人が殺到します。東日本大震災のときに水の風評被害でウォーターサーバーの申込みができなくなりました。

殺到したのと、既存のお客様の水供給を守るためです。

ここでも前もって申し込んでいた人は、水を手にすることができたのですね。

当サイトでオススメしているウォーターサーバーは配送料、ウォーターサーバーのレンタル代も無料です。他のサーバーは手数料がかかるので、躊躇(ちゅうちょ)しますが、使う側からすると本当に助かるんですよ。

水不足になってからでは遅いです。
水不足になる前にウォーターサーバーの申し込みをしておきましょう。

>> 水不足に備えるならォーターサーバーが最適

 

アドセンス記事下(タグより下)

スポンサードリンク


 - 今からできるオススメの水不足対策