東京、栃木、茨城、千葉、埼玉、群馬は雨が降らないと、水不足になりやすい土地柄です。まずは飲水の確保をするようにしておきましょう。飲水確保に必要なモノと情報を紹介していきます!

東京は50年ぶりの雨不足!【給水制限、水不足は大丈夫?】

      2017/08/05

東京50年ぶりの雨不足

今の東京は50年ぶりの雨不足です。雨不足が続くとどうなるか、あなたは知っていますか?

私はニュースを見るまで知りませんでした。雨不足のニュースを知らない人もいるかもしれません。

多くのニュースは日本と日本人を”これからについて”を真剣に教えてくれる情報をなかなか流しません。美味しいグルメ、クイズ、芸能人の結婚や離婚話、ゴシップばかりです。

実を取る人は雑誌や新聞でもほんの小さな記事やサラッと流れる情報にも注意しています。大切なことが隠されていたりするからです。

まだ水不足になっていないなら、それはニュースではない。これが日本の報道姿勢なのでしょうが、思考停止しないようにしましょう。

 

50年ぶりの雨不足で梅雨入りが遅れる?

50年ぶりの雨不足で梅雨入りが遅れる

50年ぶりの雨不足ですが、現在の1都5県(東京、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城)、神奈川県は水不足になっていません。

→ 関東貯水率

→ 神奈川県貯水率

水不足どころかダムには十分な水が溜まっています。今は大丈夫なのです。理由は雪が山に積もっていたため、豊富な雪止め水がダムに注ぎ込んでいるから。

ですがこれからはどうでしょうか?

油断してはいけませんよ。去年は梅雨の時期になってもダムに水がたまらず、取水制限になりました。去年ですら雨不足ではなかったんです。

今年は50年ぶりの雨不足です。

この影響で梅雨入りが遅れると言われています。雨が降る季節になっていないと判断しているのですね。

今世界中で異常気象が発生しています。大寒波や洪水、干ばつ。海水温度の上昇。何が起こるかわかりません。今週の週間天気予報で雨の日が2日ほどありますが、とにかく雨でダムに水が溜まることを願うしかありません。

そして今の私たちに出来ることは何があるのでしょうか?

 

雨不足の今だからできる準備とは?

雨不足の今だからできる準備

今の時点ですでに雨不足だとわかっています。であれば準備できることはたくさんあります。

まずは自分と家族が生活できる水を確保することです。

関東地方で水源を確保していないウォーターサーバーと契約しておくと良いです。

ご自分でペットボトルの水を購入するのも良いですし、ポリタンクで水を入れておいて、生活用水として使うのも良いです。

関東地方以外の水源を持つウォーターサーバーは、なぜ良いのか?

これは、東日本大震災のときに、水や電気の供給が滞った時に、富士山や九州地方の水源を持つウォーターサーバーは水を供給することができました。

日本は縦に長い国なので、関東地方が水不足でも他の地域では全く問題ない場合が多いです。もちろんその噂が流れて慌てて登録する人が増え、申し込みに制限がかかりましたが、今は問題なく申し込むことができます。

 

水不足ではない地域に水源を持っているウォーターサーバーなら、飲水のない危機をある程度回避することができるのです。

水は命をつなぐ貴重な資源です。いつ取水制限となり、水不足になるかわかりません。今大丈夫な時期だからこそ飲水、生活用水の確保をするようにしましょう。

>> 水不足で役立つウォーターサーバーはこちら

 

今年の梅雨は6月22日以降に。ずれ込んだらどうなるの?

今年の梅雨は6月22日以降

雨不足が影響で今年の梅雨が遅れてしまう予想が出ています。

今から50年前の1967年の梅雨入りが6月22日でした。そこから考えると6月22日前後になりそうです。2016年の梅雨入りが6月5日ですから、2週間以上遅れてしまう予想となっています。

2週間以上遅れるということは、それだけ雨水がダムに溜まりません。去年ですら取水制限になったのです。雪止め水が豊富だったとしても、気温が高くなるので水の消費量は増えますよね。節約せずに消費してしまう人も多いでしょう。

つまり、水不足になる可能性がある!ということです。

水不足になる前に準備をしておこう

ここから考えられるのは、取水制限や水不足になる前に行動しておく必要があります。群集心理というのがあります。

普段自分はやらないようなことも、集団になると流されてしまうことを指します。

最近では、お菓子の「カール」が関東地方で買えなくなると情報が流れました。それを聞いて、急に食べたくなった人や、転売目的の人が「カール」を購入するために躍起になったのです。

カールを売っていた棚からカールがなくなりました。バナナダイエットの時はバナナがなくなりました。

生活に切り離すことのできない水

これが生活に切り離すことのできない「水」の場合はどうなるでしょう?確実に殺到してしまいます。自衛隊が水を配るまで待ちきれずスーパーで売っているペットボトルの水は確実に売り切れてしまうでしょう。

確実に・・・です。

おそらく転売目的の人が増えます。お金が潤沢にある方はまだ良いです。子供の学費や月々の支払いで辛い人は高いお金を支払って買えないかもしれません。

だからこそ、「50年ぶりの雨不足です!」と情報が出ている今のうちに、水を確保しておきましょう。

皆があわててから準備しても遅いのです。

>> 水不足に備えるならウォーターサーバーが最適

 

 

アドセンス記事下(タグより下)

スポンサードリンク


 - 未分類